メイク

一重まぶたの方、必見!基本のアイラインの引き方

苦手意識を持つ方も多いアイライン。しかし、アイラインがキマるとメイクがぐっと引き締まり、目力もアップします!
アイラインは目のタイプに合わせて引くことがポイント。
今回は「一重まぶたの方向け・基本のアイラインの引き方」をご紹介いたします!
使用するのは、リキッドアイライナー。リキッドアイライナーは繊細なラインも自在に描けるので、オススメですよ♪

キレイなラインを完成させるポイント

一重まぶたの方は、目の“横幅”を広げるのがポイントです。
ラインを細く入れ、フレーム感を出していくとナチュラルな仕上がりに♪目を大きく見せてくれますよ!
反対にアイラインが太すぎると目が小さく見え、伏し目になったときにラインが目立ちすぎてしまうので、ご注意ください。

アイライン基本の引き方

(1)まずはやさしくティッシュオフして、目元の皮脂を抑えましょう。アイラインをにじみにくくしてくれます!

(2)上ラインは目頭から目尻に向かい、目の形に沿ってラインを引いていきます。ラインは細めに。目尻側は元の目の大きさよりも、ほんの少しだけ長めに引きましょう。

(3)まつげのキワを埋めていきます。指でまぶたを斜め上に軽く持ち上げ、まつげの隙間を埋めていきましょう。

(4)下ラインは目尻から中央に向け、3分の1くらいまでラインを入れます。まぶたを下に引っ張るようにして描いてもOK。ラインだけではキツイ印象になるので、アイシャドウでぼかします。

(5)アイラインの上からフィニッシングパウダーまたはアイシャドウを重ねると、さらにラインが定着してくずれにくくなります!

仕上がりワンランクアップのコツ

上ラインに重ねるアイシャドウは、茶系やゴールド系カラーが肌なじみが良くオススメ。
ラメ感のあるアイシャドウなら、自然ながらも目元の印象をアップしてくれますよ!
グラデーションを作って縦幅を出すように色を入れると、さらに目を大きく見せてくれます。
下ラインには白系のアイシャドウをうすくプラス。瞳がうるんだような仕上がりになりますよ♪

よりナチュラルでやわらかい印象を目指すなら、アイライナーのカラーはブラウンがおすすめ!
2019年春・限定発売の「フェイス ザ リキッドアイライナー」はコシのあるブラシながら筆先がやわらかく、細いラインもブレずに引きやすいのが魅力です!
スキンケア成分配合で、乾燥しがちな目元への負担をおさえてくれます。

アイシャドウカラーの組み合わせで、印象もガラリと変わります。
基本のアイラインをマスターして、さまざまなアレンジを楽しんでみてくださいね!