メイク

コツをつかんで目元美人♪基本のアイラインの引き方

目力をアップし、魅力的な目元をつくるアイライン。苦手意識を持つ方も少なくありませんが、コツさえつかんでしまえば決して難しくはありません!
アイラインが苦手な方は、描きやすいペンシルタイプのアイライナーがオススメ♪ペンシルライナーを使った、基本のアイラインの引き方をご紹介します。

上まぶたのアイラインの引き方

(1)アイラインを引く基本の位置は、目頭から目尻の終わりのところまで。引く前に描くところを鏡で確認しておきます。目の形は左右で若干異なるため、目の形に合わせすぎないこともポイントです。

(2)目を閉じて、指で目尻を上に軽く引っ張ります。まぶたが固定され、フラットになるので引きやすくなりますよ。

(3)まつげの隙間を少しずつ埋めていくイメージで、目尻の方から数回にわけて引いてきます。一度に描こうとすると失敗したときにラインが太くなってしまいます。

ワンランク上の仕上がりに!目のタイプに合わせたワンポイント

<一重まぶたの方>
全体的に太くは引かず、中央よりも目尻側から太くしていくことを意識しましょう。目を開けた時に見える部分で強調すると自然に仕上がります。
しっかりアイシャドウを入れることでより大きな目に仕上げられます。

<奥二重の方>
目を開けた時に、二重の幅をつぶさない程度の幅で、目尻側に向けてしっかり入れていきましょう。少し長めに仕上げるとすっきりとした印象で素敵に仕上がります。

<二重まぶたの方>
太いラインはキツイ印象になるので、ラインは細めに目の形に合わせて引くだけで丸みが強調されます。
両目の大きさが気になる方は、アイラインも大きい目の方に合わせて太さや色を調整しましょう。

下まぶたのアイラインの引き方

(1)ラインを引く基本の位置は、目尻から目の中央に向かって3分の1程度。目頭側の3分の2は残しておきます。
(2)位置を確認したら目のキワのところにラインを引いていきます。
(3)キツイ印象にならないよう、ラインは綿棒やアイシャドウで必ずぼかします。

アイラインは、離れ目さん、垂れ目さん、つり目さん、くぼみ目さん…など、印象を大きく変化させることができます。アイメイクについてのお悩みやなりたいイメージがございましたら、ぜひサロンの担当の方にご相談くださいね。

苦手な人にも使いやすい!なめらかな描き心地のアイライナー

2018年春・限定発売の「フェイス ザ ルミナス ライナー」は、涙目にもにじみにくく、芯がやわらかく引きやすいので、アイラインが苦手な方でも使いやすいアイテムです♪
カラーは “ノーブルグレー”と“テンダーブラウン”、ナチュラルに仕上がる2色。上まぶたにはグレー、下まぶたにはブラウンと2色使いするのもオススメです!

目元の印象アップで、春のメイクをもっと楽しみましょう♪