スキンケア

メイクくずれ防止や仕上がりアップに!フィニッシングパウダーの上手な使い方

メイクの仕上げやテカリ防止、メイク直しにと、とくに夏場は重宝するフィニッシングパウダー。フィニッシングパウダーの特徴と、より効果的に使うためのポイントをまとめました。ぜひチェックしてみてくださいね!

■フィニッシングパウダーの特徴とメリット

フィニッシングパウダーは、さらりとしたつけ心地が特徴!汗や水にも強く、皮脂や汗を吸収してテカリを抑え、メイクくずれを防いでくれます。
メイクの仕上げに使えば、カバー力がアップして肌をきれいに見せてくれます!

■フィニッシングパウダー基本の使い方

基本的には以下の順番で塗布していきます。

①日焼け止め→②化粧下地→③ファンデーション→④フィニッシングパウダー

しっかりカバーしたい方はリキッドファンデーション&フィニッシングパウダーの使用がオススメ。

《くずれにくさアップの裏技》
夏場、メイクくずれが気になる方は、次の順番で塗布してください。

①日焼け止め→②化粧下地→③フィニッシングパウダー→④パウダリーファンデーション→⑤仕上げのフィニッシングパウダー

フィニッシングパウダーをサンドイッチすることで、皮脂を抑えてメイクの持ちがアップします!

■フィニッシングパウダーをのせるときのコツ

粉をパフに取り、軽くプレスするように肌に塗布していきます。粉の塗布量が少ないと、メイク崩れの要因になるため、しっかり量を取るようにしてください。
余分な粉は大きめのブラシで軽く払うとセミマットな仕上がりになります。しっかり払うことで、内側から自然なツヤ感が出ます!
汗や皮脂が気になるTゾーンやUゾーンは、量をしっかりとのせましょう。反対に、乾燥しやすい目の周りや頬はうすくのせます。
とくにほうれい線や目尻の小ジワが気になる部分に多くのせすぎると、余計に目立ってしまうのでご注意ください。

■メイク直しにも活躍!

フィニッシングパウダーはメイク直しにもぴったり!
まずは気になる箇所の皮脂をティッシュオフ。そこにフィニッシングパウダーを軽くのせるだけで“ササッ カンタン キレイ”にメイク直しできますよ♪