メイク

オフィスでもOK!基本のメンズメイク 〜スキンケア&ベースメイク編〜

最近ではメイクを取り入れてご自分の魅力を高めている男性も増えています。メイクをすることに抵抗が…という方から、メイクに関心はあるけど具体的な手順がわからない…という方に向け、基本的なスキンケアとベースメイク方法を動画や写真を使ってわかりやすく解説。ビジネスシーンでも活用できるナチュラルなメイクですので、ぜひお試しくださいね!

■メイク前のスキンケアで仕上がりアップ&メイクくずれ防止

メイク前には、まずローションやクリームで潤いチャージを。過剰な皮脂分泌を防ぎ、メイクがくずれにくくなりますよ!スキンケア後のベタつきが気になる場合は、軽くティッシュで押さえてくださいね。

今回はウインズサロンで扱う「アクア デ ヴィタ ヴィフィーセライン」を使用。ヴィフィーセラインは海洋深層水由来のミネラルや保湿成分を配合し、みずみずしい肌に導きます。やさしくパッティングして肌に馴染ませましょう。
また、シェービング後は肌が敏感になっているので特に保湿が重要。しっかりとうるおいを与え、肌を整えましょう。「スキンリフレッシャーC ε」はさらりと肌なじみがよく、ベタつかないので朝のスキンケアにもぴったりですよ!髭剃り後、スキンケア前に使用することをおススメします。

男性にもおすすめ!スキンリフレッシャーC

▼ローション&クリーム基本の使い方と使用量の目安を動画でチェック

■下地+パウダリーファンデーションで自然な仕上がりに!

ローション・クリームで肌を整えたら日焼け止めを塗布。お顔全体にムラなく、頬などの顔の高い部分は紫外線が当たりやすいので重ね塗りしましょう。

次はファンデーション下地を顔の内側から外側に向けてやさしく塗布。下地を使用することで肌の色むらを補正し、仕上がりもアップします!

下地には、様々な色味のものがありますが、疲れ等による血色不足を感じる方は、淡いピンク系下地がオススメ!顔全体に明るさと程良い血色感を出してくれます。
「フェイス リキッドコントロール‐A‐」は、
自然な血色感を引き出す淡いピンク系のメイクアップベース。
さまざまな形状の粉体を配合し、光を乱反射させて毛穴や乾燥小じわを目立たなくしてくれます。

フェイス リキッドコントロールを詳しく!

次はいよいよファンデーションの出番。メイク初心者の方にはパウダリーファンデーションがおすすめ。リキッドファンデーションよりも軽やかでムラなく塗布しやすく、自然な仕上がりになりますよ!

スポンジ面の約半分程、ファンデーションを取ります。手の甲で少しならすと、お肌へ均一にファンデーションを塗布することができます。
顔の内側から外側に向かって、肌の上で滑らせるようにやさしく行います。ファンデーションを押し込むように塗布すると、かえって毛穴が目立ってしまうので注意してくださいね。

重ね塗りするカバーゾーンと、フェイスラインなど薄づきゾーンを意識すると立体的に!ファンデーションが厚塗りになってしまった場合は、ファンデーションがついていないスポンジ面を使って調節しましょう。

■気になる箇所はコンシーラーでカバー

ファンデーションで隠しきれない赤みやニキビ跡、吹き出物などは、コンシーラー(部分用ファンデーション)でカバー。気になる箇所に塗布したらまわりを指(又は細めのブラシ)でぼかして馴染ませましょう。パウダリーファンデーションの場合は、下地→コンシーラー→ファンデーションの塗布順序がオススメ。
メイクを終えたら、正面からだけでなく横顔も鏡で見て、フェイスラインと首とのさかいに色ムラができていないかチェックしましょう。

ベースメイクで肌が整うとお顔全体の印象も明るくなりますね。まずはベースメイクまでがスキンケアと思って気軽にチャレンジしてくださいね!次回は、イキイキした表情を引き出すアイブロウやリップなどの簡単ポイントメイクアイテム&テクニックをご紹介します。

〈メイクをした感想〉
今回はスキンケア&ベースメイク編でしたが、手順がはっきりしていて思っていたより難しくないと感じました。細かいシミやくすみが隠れ、全体的にスッキリした気がします!
次回のポイントメイク編も楽しみです!