メイク

〜2020年最新コフレ活用術〜 なりたいイメージを叶える秋のアイメイク

11月下旬発売開始予定の「カラークルーズコレクション」。アイシャドウパレット、リキッドコンシーラー、アイラッシュコートがセットになった、秋冬のメイクをいっそう楽しくするアイテムです♪

今回はその中から、「フェイス クルーズ8 アイシャドウ」を使ったメイクをご紹介!ハイライトカラーとくすみカラー、寒色系・暖色系の計8色がセットに。アイシャドウ「フェイス ジ カラーズ」も併せて使えば、アレンジの幅も無限に広がります。

上品なくすみカラーは年齢やお顔のタイプを問わず、どんな方にも取り入れやすいのが魅力。「自分に似合わない…」と思っていた色味も、くすみカラーなら似合いやすいのも特徴です。
アイメイクがマンネリになりがち方、トレンドを取り入れたい方にもおすすめですよ!

■メイク例1:クールな秋ブルー

<モデル特徴>
・30代、色白
・二重、アーモンドアイ

<使用色>
・シナモン(クルーズ8 アイシャドウ)…ナチュラルな色味のブロンズ
・サルビア(クルーズ8 アイシャドウ)…瞳を美しく見せる上品なネイビー
・シルバーグレー(ジ カラーズ)

<上まぶた>
(1)まぶた全体にシナモンをON。
(2)二重幅のところにシルバーグレーを入れる。
(3)目のキワに沿って、アイラインのようにサルビアを入れる。目尻は目よりも少し長めに引き、目を横に引っ張る感じで流し目をイメージ。

<下まぶた>
(1)シナモンで自然な涙袋をつくる。
(2)目尻側3分の1と、目頭にシルバーグレーを入れる。目頭で重心を下げる効果、目尻では影つけ効果となり、目全体が上がった印象に。

寒色系を中心にまとめることで、キリリと引き締まったクールな目元に仕上がります。シックな雰囲気で、プライベートにはもちろんビジネスシーンにも◎ですよ!

■メイク例2:脱・かわいい!大人の赤

<モデル特徴>
・20代、色白
・二重、たれ目

<使用色>
・フィグ(クルーズ8 アイシャドウ)…ツヤ感と深みのあるボルドー
・サンド(クルーズ8 アイシャドウ)…程よいきらめきのある、肌なじみのよいベージュ
・パール(クルーズ8 アイシャドウ)…クリアでみずみずしいホワイト
・トゥルーレッド(ジ カラーズ)
・パウダーピンク(ジ カラーズ)
・パールホワイト(ジ カラーズ)
・フェイス ザ リキッド ハイライター

<上まぶた>
(1)サンドとパールを重ねてハイライトカラーに。
(2)フィグとトゥルーレッドを二重幅の部分に入れる。目尻側は下げないように平行よりやや上を意識して二重幅よりも広く色を入るのがポイント。色味もしっかりと出す。
(3)(2)の上の位置に、フィグとパウダーピンクを入れてグラデーションをつくる。
(4)目頭から黒目の内側までの部分に、パールホワイトを上から軽く重ねる。
(5)アイライナーは黒を使用し、目尻側は少しはね上げる。トゥルーレッドを重ねて少しぼかす。

<下まぶた>
(1)影ができないよう、下まぶた全体にコンシーラーで明るさをプラス。
(2)目頭から黒目の内側までの部分にフィグを入れる。
(3)リキッド ハイライターを目頭に入れて、自然な明るさと立体感を。
(4)上ラインとつながるように、目尻に短めのアイラインを入れる。重心を上げたいので目尻側には色をのせず、ラインには色が入らないようにする。

赤系をメインにしたグラデーションで、印象的な目元に。女性らしい華やかさがありながら、大人っぽい上品さを感じさせます。
このアイメイクは、自然な眉山をを生かしたナチュラル眉との相性も◎。眉にもふんわりとフィグを入れると統一感が出せますよ!

色の組み合わせは自由。いろいろなアレンジで、秋冬のメイクをより楽しんでくださいね!