スキンケア

乾燥しらずのしっとりボディに!おすすめの入浴法&ボディケア方法

本格的な乾燥シーズンの今。お顔や髪だけでなく、ボディの乾燥が気になる方も多いのではないでしょうか?
毎日のバスタイムやボディケアを意識して、カサカサ肌からしっとりと潤った肌を目指しましょう!

■湯船につかるのは◎!でも、お湯の温度には注意

冬場は湯船やシャワーの温度が高くなりがち。でも、熱すぎるお湯は乾燥を招きます。一般的に適温と言われるのは38度前後。40度以上になると必要な皮脂まで流してしまい、乾燥しやすくなります。

シャワーだけで済まさず、なるべく湯船にもつかると◎。血行が良くなり、お風呂上がりの保湿クリームなどの栄養を取り込みやすくします。長風呂も乾燥を招く要因となるため、注意してくださいね。

毛穴が開き、血行もよくなる入浴中は、実はスキンケアにも適したタイミング!お風呂で手軽にできるクリームパックオイルパックも、ぜひお試しください。

■体を洗うときは“泡で洗う”イメージでやさしく

体を洗う際、固めのタオルで肌をゴシゴシこするのはNG。必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥につながります。また、刺激によりバリア機能の低下を招く恐れも。
ボディソープや石けんはよく泡立て、たっぷりの泡で包み込むようにやさしく洗いましょう。

基本的には手のひらを使って洗うのがおすすめです!乾燥しやすい手足などは、心臓から遠い部分から、手のひらをくるくると回すようにして洗います。
背中など手の届きにくい箇所は、やわらかめのタオルでやさしく洗いましょう。角層が厚くなりやすいかかと、皮脂腺の多い背中や胸は、必要に応じて二度洗いしてもOKです。
ボディソープや石けんは保湿力の高いものを使うと乾燥対策に効果的!洗い終わったら、泡が残らないよう丁寧にすすぎます。

■お風呂上がりは早めに保湿を心がけて

ボディケアも考え方の基本はスキンケアと同じ。摩擦による刺激を避け、水分と油分を補ってしっかりと保湿することが大切です。

お風呂上がりはやわらかなバスタオルで、やさしく水分を押さえましょう。ゴシゴシこするのはNGです!
水分をオフしたら、ボディクリームなどで保湿を。使用量が少ないと摩擦になり、肌に余計な負担をかけてしまいます。十分な保湿効果も期待できないため、必ず適量を使いましょう。
お風呂上がりの肌は水分が蒸発しやすく、濡れたままにしておくと乾燥が進みます。早めに水分を拭き取り、保湿するようにしてくださいね!

乾燥シーズンに負けない!ヘア&頭皮ケアについてはこちら

■ボディケアシリーズでワンランク上の潤い肌に!

ウインズサロンでは、ワミレスが開発・製造するボディケアシリーズもご用意。スキンケア用品と同様、厳選した成分を使用し、こだわり抜いて作られた、自信を持ってお届けできるアイテムです!

スキンケア成分配合の「アクア デ ヴィタ ボディコンセントレイト エクストラソープ」は、肌へのやさしさを追求した弱酸性処方のボディソープ。
アミノ酸原料を使用し、汗や汚れはしっかりと落としながら肌をいたわり、潤いを逃しません。キメ細やかななめらか泡が全身を包み込み、みずみずしい素肌に導きます。

心地よく癒される、やさしい石けんの香りも好評!世代や性別問わず使いやすい香りで、ご家族でお使いいただけます。
洗い上がりの肌はしっとり、やわらか!リピーターの方も多い、長年愛され続けている商品です。
ソープがポンプの出口で固まることがあるため、気になるときはティッシュなどでこまめに拭き取ってくださいね。

お風呂上がりには、全身用化粧水「トーニングウォーター」と全身用乳液「エクストラミルク」で、水分+油分をバランスよく補いましょう。

首元から乾燥しやすいかかとまで、足の裏は避けて全身にくまなく塗布。特に乾燥が気になる箇所は多めに塗布しましょう。
ミルクは伸びがいいので、量を調整しながらご使用くださいね。塗布後、ベタつきが気になる方はバスタオルで軽くおさえてもOKです。

トーニングウォーター&エクストラ ミルクについて詳しくはこちら!

■サロンでのボディケアで、ターンオーバーを整えて。

ボディにもお顔と同様、ターンオーバーがあります。ウインズの一部サロンでは、ボディ(ネック、デコルテ、腕、背中)のエクスフォリエーションの施術が可能!乾燥が気になる方、潤いをチャージしたい方におすすめです。

製品パッケージの点数を集めてお好きな商品と交換いただける「プレゼントキャンペーン」も実施中。(2021年1月現在)今後プレゼントのひとつに「バスソルト」も登場予定!ミネラルを豊富に配合し、発汗を促します。心地よくリフレッシュできる、おすすめのアイテムです!

ボディのエクスフォリエーションやキャンペーン詳細は、担当スタッフにご確認いただくか、お問い合わせフォームよりご連絡ださい。