スキンケア

日焼け止めもダメージに?敏感肌さんの紫外線ケア

日焼け止めが苦手…。肌に合うものがなかなか見つからない…。肌あれを起こしてしまう…。
必要なのはわかっていても、日焼け止めに対してネガティブなイメージを持ってしまうこともありますよね。
ただ、敏感肌は肌バリア機能が低下し、紫外線による刺激もいっそう受けやすい状態。だからこそ日焼け止めを使用し、きちんと肌を守ってあげることが大切になってきます。
敏感肌の方はとくに、日焼け止め選びも慎重になりますよね!日焼け止めの選び方と、紫外線対策で意識したいポイントを解説していきます。

■防御力だけじゃダメ!肌へのやさしさも意識して

毎日肌に使うものだからこそ、自分に合った日焼け止め選びは大事。とくに敏感肌の方は、肌への負担が少ないものを選びたいところです。

一般的に、SPF値やPA値が高いほど紫外線への防御効果は高くなりますが、そのぶん肌への負担は大きくなりがち。しかし、現在は技術の発展もあり、高SPF・高PAであっても、肌にやさしいタイプも増えています。

敏感肌の方や肌あれが気になる方は、アルコール・防腐剤(パラベン)・香料・着色料・鉱物油など、肌に刺激となりやすい成分が使われていない低刺激なタイプが◎。
とくに紫外線吸収剤を使ったタイプは肌への負担が大きいため、「ノンケミカル処方」と呼ばれる、紫外線散乱剤を使ったタイプを選びましょう!

また、専用のクレンジング剤が必要なほど防御力が高く、密着性の高い製品は肌への負担も大きい可能性があります。クレンジング剤や洗顔料で簡単に落とせる日焼け止めの方が、肌への負担は少ないと言えるでしょう。

■伸びが悪い日焼け止めは肌への負担に!

見落としがちですが、スムーズなテクスチャーであることも大切なポイントです!伸びが悪い日焼け止めだと、塗布する際に摩擦となり刺激に。赤みや肌あれにつながる恐れがあります。

また、「肌に張り付いているように感じる…」「ベタつきが気になる…」など、使用感がイマイチだと、日焼け止めを塗ること自体がストレスになってしまうことも。
使用感には好みがありますが「伸びがよく、肌に自然に馴染む」日焼け止めがおすすめです!

日焼け止めを塗布する際、しっかりカバーしようと刷り込むように塗布すると、摩擦になるので注意。ムラにならないよう顔全体に丁寧に伸ばし、重ねづけをします。2〜3時間ごとを目安に、こまめに塗り直しましょう。

日焼け止めも化粧品のひとつ。だからこそ、紫外線から守るだけではなく、肌も守ってくれるものを選んでくださいね!

■日焼け止めを負担にしない!紫外線シーズンこそ保湿を

夏は保湿が疎かになりがちですが、紫外線が強い季節だからこそ保湿は欠かせません。
乾燥した肌に日焼け止めを塗布すると、どんなに優れた製品を使っていても肌に負担がかかりやすくなります。

朝の洗顔後は、まずスキンケアで肌を保湿。スキンケア用品をしっかり肌に馴染ませてから、日焼け止めを塗布しましょう。
スキンケア用品と日焼け止めが混じってしまうと、ベタつきや塗りムラにつながる可能性があります。

また、日焼け止めが汗と混ざるとメイクが崩れやすくなるため、ファンデーション塗布後はフィニッシングパウダーを。ベタつきや崩れの予防になり、透明感もアップしますよ!
朝、バタバタと急いで日焼け止めを塗布するのではなく、お出かけの少し前から塗布し馴染ませておくと◎。日焼け止めとメイクをしてから、他の支度をするのがおすすめです。

紫外線を多く浴びた日や、屋外で活動する日はいつも以上に保湿を大切にしましょう。保湿力の高いクリームや美容液を取り入れるなど、しっかりとケアしてあげてくださいね!

もし、日焼けをしてしまったら、その日のうちにすぐケアを行いましょう。
うっかり日焼けのケア方法についてはこちら

肌に負担がかかりやすい季節だからこそ、日常の紫外線ケア&スキンケアを大切にしてくださいね!