スキンケア

梅雨は意外と肌あれしやすい?気をつけるべきポイントとは

【肌荒れ】

梅雨時期は真夏のような強い紫外線や冬のような激しい乾燥がなく、肌トラブルも起こりにくいと思われがち。でも、湿度や気温が高くなり、肌あれを起こす方も実は多いんです。梅雨に肌あれが起こりやすい理由と、スキンケアのポイントを押さえておきましょう!

■梅雨に肌あれが起こりやすいのはなぜ?

湿度と共に気温も高まり、汗をかくことも増えます。汗は肌に残りやすく、さらにこれからの季節は皮脂量もアップ。肌がべたついていると汚れも付着しやすく、汗によって雑菌やカビ、顔ダニも繁殖しやすい環境に…。赤みやかゆみなど、普段とは違ったトラブルを起こす方もいます。
皮脂が過剰に分泌されると毛穴が開き、黒ずみやニキビといった肌トラブルにつながる可能性も。

また、エアコンによる乾燥にも注意が必要です。皮脂や汗でベタつきを感じていても、肌の内側は実は乾燥している…というパターンも多くみられます。
乾燥により肌トラブルにつながったり、皮脂の過剰分泌を招いたりする恐れも。また、エアコンで体が冷えると血行が悪くなり、くすみにつながることもあります。

■梅雨時期の肌あれを防ぐ3つのポイント

●ポイント1:こまめに汗をふき、清潔をキープ
汗をそのままにしていると皮脂バランスがくずれ、肌トラブルが起こりやすくなります。清潔なタオルなどを持ち歩き、汗をかいたときはこまめにふきとりましょう。とくにマスクをしているときは湿度も高まります。
肌がデリケートな状態になっているため、ゴシゴシふきとらず、やさしく押さえるように汗をOFF。

また、手には意外なほど雑菌が付着しているため、手で顔を触りすぎないように気をつけてくださいね。寝ているときも汗をかきやすいので、枕カバーをはじめ寝具は定期的に洗い、清潔な状態をキープしましょう。

●ポイント2:洗顔で汚れをOFF&しっかり保湿
毎日の洗顔で汚れを丁寧に落としましょう。洗顔時もゴシゴシこするのはもちろんNG。しっかり泡立てたたっぷりの泡で、やさしく包むように洗ってくださいね。

どんなに優れたアイテムも効果減?洗顔は泡の“量”と“質”が大事!

ベタつきを潤いと勘違いし、スキンケアが手ぬきがちになるのも肌あれを招く要因のひとつ!暑くなるとクリームなどのアイテムを避けたくなりますが、保湿もしっかりと行いましょう。

●ポイント3:紫外線対策は抜かりなく!
肌の老化の約7割は光老化とも言われています。曇りや雨の日であっても、紫外線対策はマスト! 6月は雨の影響もあり、紫外線量はピークほどではありませんが、紫外線の強さは夏と同レベルと言われています。
雨がやんだり晴れたりと、天気が変わりやすい日もあるので、毎日の紫外線対策は抜かりなく行いましょう。日傘の活用も効果的!日傘・雨傘兼用タイプが1本あると便利です。

湿度や気温の上昇で肌あれしやすい梅雨。「清潔を心がける」「洗顔・保湿を重視」「紫外線対策」の3つが美肌づくりには欠かせません。夏の紫外線に負けないよう、肌環境を整え、健やかな状態で夏を迎えましょう!

【ヘアケア】

梅雨時期は髪の毛にとって、ケアが大切な時期。
冬から春、春から梅雨時期にかけて気候の変化が激しく、冬は乾燥、梅雨になると湿度が急上昇します。さらにこの時期は紫外線が強いので、キューティクルがもろくなり、はがれおちやすい状態となっています。これがパサつきのお悩みになり、さらに、キューティクルがはがれおちた部分から水分を吸い込み膨張することで、うねり・広がりといったお悩みになるのです。
髪全体に均等に水分が吸収されれば、パサつかず、うねりは起きず、髪が広がることはありません。ということは、キューティクルのはがれた部分を作らないことが重要になってきます。
そんなお悩みにおすすめなのがケア効果とスタイリング効果を合わせもったスタイリングヘアミルクになります。

 

保湿・補修・保護成分が配合され、美容成分が髪の内部まで浸透ししっかり補修!
水分量とホールド力がほどよく両立し、うるおいを与えながら適度なスタイリング力をキープし、柔らかに仕上げてくれます。
傷んだキューティクルを保護しながらも、まとまりあるナチュラルな毛束感と適度なキープ力をかなえるスタイリングミルク。こんな時期も必須アイテムです。
オイルとのダブル使いでさらにうるおいとツヤ感がアップしますよ♪

基本的な使い方
●ステップ1:ミストとオイルで髪を整えます。
●ステップ2:ヘアーアイロンやカーラーでスタイリングをします。
●ステップ3:スタイリングミルクを手のひらでよくのばし、カールなどスタイリングした部位に指を通しながら塗布します。

日焼け対策は夏になってからと考える方が多いかもしれませんが、お肌同様今から対策しておくことが大切です。
湿度の高い時期こそダメージケアを欠かさずに続けることで髪を守り、ツヤ髪をキープしていきましょう。

手軽にできる!ヘアミルクを使ったまとまりヘアの作り方はこちら