スキンケア

どんなに優れたアイテムも効果減?洗顔は泡の“量”と“質”が大事!

美肌づくりに欠かせないプロセスのひとつが「洗顔」。毎日使うものだからこそ、洗顔料にもこだわりたいものですよね。
洗顔料の種類は豊富で、固形石けんタイプやチューブタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプなど、さまざま。最近では肌へのやさしさや潤いのキープを訴求する商品も増えています。

■自分に合った洗顔料選びのコツってある?

「いろんな商品があって、どれを選んでいいかわからない…」という方も少なくないはず。固形石けんやチューブなどの違いに加え、弱酸性タイプや弱アルカリ性タイプといった違いもあります。

健康な人の素肌は弱酸性と言われ、一般的に「肌にやさしい」というイメージがある弱酸性タイプ。弱酸性の洗顔料は肌への負担をおさえ、やさしく汚れを落とすのが特徴です。

一方、弱アルカリ性は、弱酸性よりも汚れをしっかりと落としてくれるのが特徴。肌に汚れが残ったままだとターンオーバーが乱れ、さまざまな肌トラブルの原因に!
汚れをきちんとオフすることで、次に使うスキンケア用品の馴染みも良くしてくれます。普通肌の方や脂性肌の方であれば、弱アルカリ性の洗顔料がおすすめです。

自分に本当に合う洗顔料は、使用してみないとわかりにくいもの。不安なときは、まず弱酸性タイプものを試してみるのも方法のひとつです。
ただし、洗顔料は多種多様、弱酸性の商品なら必ずしも自分に合うとは限りません。もし赤みやかゆみなどの異常がみられたら、すぐに使用を中止してくださいね。

■どんなアイテムを使うにしても、十分な泡立てがマスト!

どのような洗顔アイテムを使うにしても、十分な泡立てが重要です。例えどんなに優れた洗顔料を使っていたとしても、きちんと泡立てなければ手で直接こすってしまうなど、肌への負担が気になります。

ツノが立つくらいまでしっかり泡立て、たっぷりの泡で顔を包み込むようにして、丁寧に洗いましょう!とくに肌がデリケートな方はなるべく短い時間で洗うことも大切です。

チューブタイプの洗顔は泡立ちやすいイメージがありますが、その分、不十分な泡立てになりやすので注意。
固形石けんは泡立てが大変…と思われがちですが、泡立てネットを使えば短時間で簡単に泡立てられます!泡立てネットを使うことで、しっかり泡立つので、よりきめ細やかな泡に仕上がります。

■泡の“質”も大切!選べる4種のソープ

さらに“泡の質”も大切で、きめ細かな泡がつくれる洗顔料が理想的です!
表面上はきれいに見えていても、肌のキメの奥には汚れが入り込んでいたり、古い角層がたまっていたりすることも…。細かな泡ならキメの奥まで広がりやすく、汚れを浮き上がらせて清潔に洗い上げてくれます。

ワミレスでは4種の洗顔ソープをご用意!ご自分の肌タイプや洗い上がりの好みに応じてお選びいただけます。

<すべての肌質の方に>
年齢や肌質を問わずお使いいただける「ザ ミネラルソープ」は、もっちりと濃密リッチな泡立ちで、まるで美容液のようなソープ!
ミネラル成分が肌を守り潤いはそのままに洗い上げ、しっとりと吸い付くような手触りに。透明感のある、しなやかな肌へ導きます。石けんの素地となる脂肪酸から厳選した、ワンランク上の上質なソープです。

<超乾燥肌〜乾燥肌の方・敏感肌の方に>
とにかく乾燥が気になる!という方、敏感肌という方には、弱酸性で低刺激の「ソープリファイナー」がおすすめ!心地よい、なめらかなクリーミー泡が特徴。海洋深層水由来成分配合で、つっぱり感なくやさしく洗い上げます。

<乾燥肌〜普通肌の方に>
乾燥しやすい肌をいたわりながら汚れを落とす、マイルドな使い心地の「イオーヌソープε」。やわらかく軽やかな泡で、さっぱりとした洗い上がり!植物由来成分配合で健やかな肌へと導きます。

<普通肌〜脂性肌の方に>
海泥(クレイ)を配合した「イオンヌ クレイソープε」。弾力のあるふんわりとした泡が汚れや老廃物をキャッチして、すっきりと洗い上げます。くすみが気になる方にもおすすめです。

固形石けんは保管方法も大事。水分を含みやすいため、使用していくうちにやわらかくなることも。浴室など、湿気の多いところでの保管は避けましょう。

つい手を抜きがちになる洗顔だからこそ、いつもよりちょっと丁寧に。美肌づくりの基本である洗顔を今一度見直してみてくださいね!