スキンケア

ワミレス化粧品製造の裏側をレポート!ナノ化装置とは?

サロンで扱うワミレス化粧品。各製品は一つひとつ品質にこだわり、横浜市金沢区幸浦にある工場にて丁寧におつくりしています。
本日ご紹介したいのは、そんな製造の舞台裏!「ザ ミネラルローション」や「ザ ミネラルクリーム」などの製造に欠かせない、乳化粒子の“ナノ化”についてです。

ナノ化によって肌なじみ・浸透性がアップ!使い心地もなめらかに

化粧品は、水分と油分のように本来混ざり合わないものを混ぜて、安定した状態(粒子が均一に分散)に保つことでつくられます。これを「乳化」といいます。
乳化粒子の通常の大きさは1~10マイクロメートルほど。一方、「高圧乳化装置」を用いると、乳化粒子を小さくし、平均10~100ナノメートルと100分の1程度までナノ化することができます!
ナノ化することで肌なじみよく、なめらかな使い心地に♪肌への浸透性もアップするため、有効成分をより肌の奥まで届けることができます。

改良に改良を重ねた、オリジナル高圧乳化装置

2003年、当時まだ国内では数の少なかった大型の「高圧乳化装置」を、ワミレスでは先駆けて導入。ワミレス化粧品を製造できるオリジナル装置として完成させるまで、幾度となく改良を重ねました。
ワミレスの品質への要求は非常に高く、機械メーカーの方が頭を悩ませてしまうほど。このように苦労して完成した装置によって、より質の高い商品を届けられるようになりました。
この「高圧乳化装置」は、今ではワミレス化粧品の製造に欠かせない装置となっています!

装置完成の喜びはひとしお!今後のさらなる進化を目指して

「高圧乳化装置」の導入に携わった社員は、「完成したときの気持ちはひとしお!一滴も無駄にしたくありませんでした」と当時を振り返ります。完成した化粧品を自分の顔や腕に塗って試した時には、その効果を実感し、喜んだそうです。
そして、「ここまで製造に手間暇かける化粧品は他にはない!これからもワミレス化粧品の進化とともに、さらに装置を進化させていきます!直接お客様とお会いする機会は少なくとも、ご愛用くださるお客様の喜ぶ姿を想像しながら、日々丹精込めて製造しています。」と商品にかける熱い想いを話してくれました。

冬の乾燥も怖くない!ミネラルローション&クリーム

このように「高圧乳化装置」の導入によって完成した「ザ ミネラルローション」「ザ ミネラルクリーム」。
粒子をナノ化したことで、みずみずしい感触になり、つけた瞬間肌になじんで素早く肌に浸透。軽い付け心地にも関わらず、しっとりうるおいます!
冬の乾燥にも負けない、スタッフ一押しのアイテムです♪