スキンケア

シミができるメカニズムって?やっておきたいシミ予防法

いつの間にかできてしまい、ふと鏡を見たときにハッとするシミ。紫外線がますます強まるこれからの季節には、ぜひ気をつけたいですね!

過剰につくられたメラニンがシミに!

シミができるのは、肌の内側に“メラニン”が蓄積されるため。紫外線を浴びると“メラノサイト”という細胞からメラニンがつくられますが、生成されたメラニンは、通常はターンオーバーによってはがれ落ちていきます。
しかし、メラニンが過剰につくられたり、ターンオーバーが乱れて排出が追いつかなかったりすると、メラニンが蓄積されシミに…。こう聞くと「メラニンは肌に良くないもの」と感じてしまいそうですが、メラニンは紫外線から肌の細胞を守る、大切な役割を担っています!

メラニンの過剰生成を予防&ターンオーバーを整えることが重要

メラニンをシミにしないためには、過剰な生成を防ぐことと、ターンオーバーを整えることが重要です!
メラニンが過剰につくられる主な要因は、紫外線を長時間浴びる、強い紫外線を浴びるなど、紫外線によるもの。他にも、ストレスや睡眠不足などもメラニンの増加につながります。
また、ターンオーバーが乱れる要因としては、加齢や生活習慣、そして紫外線が大きな要因としてあげられます。

毎日の紫外線ケアは基本中の基本!

シミ予防の基本は、日焼け止めによる毎日の紫外線ケア!とくに顔の高い位置にある頬はメラニンも蓄積されやすいため、多めの塗布を心がけましょう。
SPF46、PA++++と高いカバー力を持つ「サンプロテクトエッセンス」は、紫外線の強いこれからの季節にも安心のアイテム!ノンケミカル処方で肌にやさしく、植物由来成分など豊富な保湿成分がうるおいを与えてくれます♪

だんだん汗ばむ陽気となってきましたが、これからの季節、実はエアコンや紫外線の影響で“隠れ乾燥肌”になっている人も多いんです!乾燥した肌は紫外線による影響を受けやすくなります。
しっかりとした保湿ケアをかかさず、夜のお手入れも大事にしましょう!