スキンケア

やっちゃった…!夏のトラブル“うっかり日焼け”の対処法

気をつけていたのに、うっかり日焼けしてしまった…。夏に起きがちなトラブルのひとつです。
肌老化の最大の原因とも言える紫外線!日焼けを放置していると乾燥につながり、後々シワやたるみなど、ダメージとなって肌にあらわれる可能性があります。
また、日焼けをしてしまうと皮膚の保湿機能を低下させる”カルボニルタンパク”の増加にもつながります。その日のうちに、すぐにケアしてあげましょう!

日焼けしてしまったら、まずはクールダウン!

赤くなってしまった場合や、触れたとき熱を持っているようなら、まずは熱をとってあげることが大切。一般的にも言われているように、日焼けはやけどです!「熱っぽさがなくなってきた」と感じられるまで、しっかりと冷やしましょう。

冷やすときは濡れタオルやタオルに包んだ氷などを使い、極力お肌に刺激を与えないようにします。軽度な日焼けなら、シャワーで冷やしてもOK。
皮がむけてしまった…という場合は、自分では剥がさずに自然に剥がれるのを待ちましょう。無理に剥がしてしまうと、皮膚に刺激を与えてしまい、さらなる肌ダメージにつながる恐れがあります。

お肌をいたわりながら、しっかり保湿

肌の熱っぽさが取れたら、次はローションなどで保湿。保湿力が高く、お肌にやさしいものを選びましょう!
日焼けケアにオススメなのが「スキンリフレッシャーC ε」。ヒアルロン酸ナトリウムやにがり、黒砂糖エキスなどミネラルが豊富で、炎症を抑える甘草エキス、肌荒れを防ぐビタミンB誘導体を配合しています。
多めに手にとり、やさしくマメに塗布してあげてくださいね!

日焼けにはインナーケアも大切!

また、日焼けには内側からのケアも重要。しっかりと水分補給を行い、ビタミンやミネラル、たんぱく質など、お肌をつくる栄養素を積極的に摂りましょう。お肌の回復を高めるためにも、十分な睡眠をとるのも大切です。

赤みが強いとき、痛みや腫れを伴うとき、赤みが一向に引かないときなどは病院へ行きましょう。
素早くケアしてお肌をいたわってあげてくださいね!