スキンケア

今こそ基本の見直しを!美肌の土台を整えるクレンジング方法

普段、何気なくやっているクレンジングですが、美肌づくりの基本はクレンジングと言っても過言ではありません!
美容液などでどんなに栄養を与えようとしても、肌に汚れが残っている状態では効果は大幅にダウン。今こそクレンジングを見直して、しっかりと美肌づくりの土台を整えましょう!

うるおいながら汚れは落とす「スキンエマルジョン」

クレンジングに使用するのはオイルタイプのクレンジング剤「フェイス スキンエマルジョン ε」。
クレンジング剤にはリキッドやジェルなど、さまざまなタイプがありますが、スキンエマルジョンεは、汚れを落としやすいオイルタイプを採用。
スキンケア成分を豊富に配合し、うるおいを守りながら、メイクや毛穴の汚れ、皮脂を肌に負担をかけずに洗い流します。

覚えておきたい!基本のクレンジング方法

(1)はじめに手を洗い清潔にしましょう。オイルは肌すべりの良い3〜5プッシュを使います。
量が少なすぎると摩擦になり、肌の負担へつながります。アイメイクが濃い日などは多めにしましょう。

(2)皮脂量の多いTゾーンからオイルをなじませていき、次いで頬、最後はアイメイクを落とします。小鼻など毛穴が気になるところは念入りに洗いましょう。

(3)少量の水をとり、顔全体にくるくるとなじませ、オイルが白く濁った状態にします。これを“乳化”といいます。なでるようにして、顔全体になじませていきましょう。
普通に水で洗い流すだけではオイルが水をはじき、汚れが落ちにくくなります。乳化させることによって、肌に負担なくキレイに汚れを落とせますよ!

(4)最後は32℃くらいのぬるま湯を使い、こすらずやさしく洗い流します。

やさしさを意識して丁寧な洗顔を!

クレンジング後の洗顔も、もちろん重要!しっかり泡立ててキメの細かい泡をつくったら肌にのせ、Tゾーン→頬→目元の順でやさしく洗いましょう。洗い流す時もクレンジングと同様、ぬるま湯で流します。
洗顔は時間をかけすぎると、その分うるおいも失いやすくなるため、あまり時間をかけすぎないことも大切ですよ!

お肌に汚れが残っていると、肌のくすみや毛穴の黒ずみの要因にも。きちんとクレンジングしてあげることで、お肌トーンのアップや黒ずみの解消も期待できますので、ぜひお試しくださいね♪